「減った分の私達のお金、誰が取ったの?」その一言で漫画が生まれた【中編】

  • お金を語るのはカッコいい・お金と漫画 / 井上 純一

大ヒットマンガ『中国嫁日記』の作者・井上純一さんが、自身初のお金に関する漫画『キミのお金はどこに消えるのか』 (キミ金)を出版します。経済学の専門家というわけではない井上さんは、なぜ金融の知識を扱う漫画を描こうと思ったのでしょうか。そこには、妻・月(ゆえ)さんのサポートと、井上さんがある出来事をきっかけに自覚した「使命感」がありました。
お金の管理を人に丸投げしちゃダメ、絶対【前編】を読む

「金融」は漫画に向いていない

——『キミのお金はどこに消えるのか』(キミ金)の企画は、どこからスタートしたのでしょうか。

以前から、知り合いのアル・シャードさんという人に、「お金はどうやって生まれるのか」「なぜお金でモノを買えるのか」といった話を聞いていました。彼は学者とかそういうわけではないんですけど、経済の話が好きな人なんです。で、お金にまつわる話はおもしろいなとずっと思っていました。
僕はおもしろいことは何でも漫画になる、と思って研究してみるんですが、金融漫画は難しいなと感じていました。なぜなら、前提条件が長すぎるから。

——前提条件が長い。

例えば、『キミ金』には「デフレ下で増税すると経済が停滞して、国民の生活は苦しくなっていく(だからデフレ下の増税はダメ)」という話が出てきます。これも本来、単純な話ではないんですよね。
監修をしてくださっている明治大学政治経済学部准教授の飯田泰之先生は、「もしこれを正しい経済知識のもとに書こうとすると、全12ページのうち9ページが前提条件の説明になりますよ」と言っていました(笑)。

——4分の3が前提条件! 漫画として成り立ちませんね……。

そもそも漫画って、何かを教えることには向いていないんです。

——えっ! 「学習まんが」とか、ビジネス書の内容をわかりやすく漫画にした本などは、世の中にたくさんありますよね?

あるけど、あれって基本的にふわっと雰囲気を伝えて、わかったような気にさせるものなんですよ。有名な経済漫画で石ノ森章太郎さんの『マンガ日本経済入門』という本がありますが、あれもマンガの部分はかなりぼんやりしています。マンガとマンガの間の読み物で補完しているんですよね。

——たしかにそういう漫画は多いですね! 注釈がやたら多いとか。

そうそう。でも、そんな小さい字の注釈なんて読まないでしょう。だからおもしろいけど、結局専門知識については身につかない、という学習まんがはたくさんある。
例外は、あさりよしとおさんの『まんがサイエンス』かな。あれは本当によくできていて、小学生でもわかり、かつ科学の本質が理解できます。そんなの、あさりさんくらいの天才じゃないと描けないですよ(笑)。

「お金を増やせば景気がよくなる」は正しかった

——では、難しいと思っていたのに、なぜ金融をテーマにした『キミ金』を描こうと思われたんですか?

妻の月(ゆえ)の一言ですね。『キミ金』の第1話で、月が「円安になると(中国でフィギュアを生産している)ワタシたちお金減りますよね……。減った分のワタシたちお金、誰が取りマシタか?」と言います。これ、本当に月が言ったんです。

——この質問、鋭いですよね。

普通、「円安になると海外生産をしている会社は不利になる」と聞いたら、そういうものか、と流すじゃないですか。月は、そこを「誰かが取っているから、私達の取り分が減っている」と考えた。これ、実はすごく本質的な捉え方なんです。
この時、「月の質問に答えるという形式にすれば、それがそのまま漫画になる」と道筋が見えました。それで、『キミ金』を書こうと決めたんです。月は毎回かなり突拍子もない質問をするので、それを元に漫画を描くのは大変なんですけどね(笑)。
あとは、今は社会にこういう漫画が必要だ、と思ったんですよね。

——なぜでしょうか。

ゆるいインフレを継続させて、経済の安定成長を図るというマクロ経済学の派閥を「リフレ派」と言います。ざっくりいうと「(デフレの時には)お金をもっと増やすべき派」です。増やすというのは、実際にお金を刷って増やすことも含まれます。こういう派閥があるということは、アル・シャードさんから聞いていたんですけど、「お金を増やせば全部解決って、ほんとかよ」とずっと半信半疑だったんです。

ところが、2013年から日銀の総裁になった黒田さんが「金融緩和します」と債券を買いまくったら、大きく円安になって、日経平均株価が急速に上昇した。そして、雇用が大きく改善されました。そして、一気に経済成長率がプラスになりました。その効果を目の当たりにして、こりゃすごい、と。リフレ派の言っていた「お金を刷れば万事解決」は当たっていたんです。だから、この事実を漫画にして伝えたい、と思いました。まあ、その後すぐ消費税増税して経済成長は鈍化しちゃうんですけど……。

——でも、たくさんお金を刷ったら、経済が混乱しそうですよね。ハイパーインフレーションが起きたりしないんでしょうか。社会の教科書に、お金の価値が暴落して、札束で遊ぶ子どもの写真が載っていたような……。

そのイメージがおかしいんですよ! ハイパーインフレーションなんていうのは、よっぽど無茶なことをしない限り起きません。飯田先生は、まず日本を完全に無税にするくらいの無茶をすればハイパーインフレにできるかもね、くらいだと言っていました。

——日本国民の税金をゼロに! そこまでしないと、ならないんですね。

そうです。でも、言いたいことはわかります。リフレ派ってなんだか、一見うさんくさい。だって、「日本はまだまだ借金しても大丈夫です」とか言われると、詐欺みたいじゃないですか(笑)。景気が悪化すると、最初は絶対「緊縮財政派」が勝つんです。「お金がないから節約しましょう」と言われる方が、納得しやすいから。

でも、それをやっていると経済は縮小するばかり。デフレ下では、雇用も縮小して、就職活動がうまくいかなかった若者が自殺したりする。景気が回復すると自殺する大学生は減少するので、明らかに関連があるんです。デフレはよくないんですよ。そういうことを伝えるために、『キミ金』を描かなければと思いました。

単純に、お金の話はおもしろい

——『キミ金』には、「お金は借金から生まれる」「絶対的な価値はない」など、「えっ、そうだったの!」と驚くようなことがたくさん書かれていますよね。

これらは、奇抜な意見ではなくて経済学の観点からすると、基礎的なことなんですよ。でも、我々はそういうことを知らずに生きている。そこのギャップを少しでも埋めたいな、という気持ちもありました。
「消費税率を上げても税収が上がるとは限らない」「景気対策としての公共事業は無駄なほどいい」といったことを書いた回は、「嘘だ」と言われたりしました。でも、本当なんです。データを見れば、事実だとわかります。

まあ、『キミ金』を描いたのは単純に「お金っておもしろいな」という感覚を共有したい、という動機もあります。「価値はそれを取引する瞬間に発生している蜃気楼のようなもの」と聞いたら、「へえー!」と思いますよね。

——たしかに。お金の本質について、そういう風に考えたことはありませんでした。

お金って、たくさん持ってる人は正しいと思われがち。これも不思議ですよね。お金持ちの発言って、なんか信用できると思いませんか?

——お金を持っていると立派な人、という感じはしますよね。

でも、お金をたくさん持っているのは、その人の人格とか実力とかにはほとんど関係がない。お金は霧みたいなもので、その瞬間にたくさん集められるのは、運がいいからなんです。
80年代に日本経済がイケイケのときは、海外メディアがこぞって「日本に学べ」とか言っていました。これはつまり、日本が「お金持ち」だったから。でもあれは、猛烈な財政出動と金融緩和でお金が回っていただけ。要は政策のお陰なんです。要は金融の話なんです。なぜかそれを「日本人は勤勉だから」などの精神性の話に持っていきたがる人は多い。今の中国の経済成長もそうですよ。

——「決断のスピード感が違う」とか言われていますよね。

そうそう、人によっては「一党独裁がいいんだ」とか言い始めますからね。そうじゃなくて、中国の経済成長は、政府の支出と為替の操作が大きく影響しています。中国元がたくさん流通しているだけなんです。そういう上辺の精神論に騙されなくなる、というのも経済の仕組みを知る利点だと思います。