大波乱の2016年!! それでもIPOは勝率なんと8割!

イギリスのEU離脱問題にトランプショックと世界的に「まさか!」とのけぞるような事態が次々と起こった2016年。IPOといえば、「買えば儲かる」と 言われることもありますが、今年のIPOはどうだったのでしょう?話題となったLINEのIPO結果は?最も上がった銘柄は?2016年の結果を振り返り、新年の投資へ作戦を立てましょう。

そもそもIPOとは

IPOとは、企業が初めて株式を上場し、一般の人でも自由に売り買いできるようにすることです。例えば、2016年にはLINEが上場しました。上場するまでLINEの株を一般の人は買えなかったのですが、IPO後の今は誰でも売買できるようになりました。LINEは公募価格(投資家が新規に公開する株式を購入する価格)が3300円だったので、IPOに応募して当選した投資家は3300円でLINEの株を手に入れることができました。そしてLINEの初値(上場した時に一番最初についた値段)は4900円。そこで売却していれば50%近い利益が出たのです。

勝率は約8割

では、今年のIPOの戦績を見てみましょう。今年11月末までに上場した企業は69社でしたが、そのうち初値が公募価格を上回ったのは55社でした(REITとインフラファンドは除く)。これは割合にすると約8割です。2015年の勝率は約9割でしたのでやや悪化しています。やはり、株式市場全体の相次ぐ波乱要因に影響されたようです。

とはいえ、それでも約8割の勝率があったことがIPOの強さです。しかも値上がり率が100%を上回った銘柄、つまり株価が倍以上になった銘柄は28%ありました。 さらに言えば、初値の値下がり率は最大で17%と、値上がり率に比べ小さめです。株価が倍になる銘柄は3割近くあるのに下落率は2割もない……。この戦績こそがIPOが個人投資家の興味を惹く理由の1つといえるでしょう。

shira12_graph01

一番株価が上昇した銘柄

そんな中でも最も株価が上昇した銘柄はグローバルウェイという転職関連情報サイトを運営する会社です。公募価格2960円に対し初値は1万4000円と、株価が5倍近く(上昇率373%)上昇しました。「働き方改革」を推し進める政策の追い風を受けたのかもしれません。このほかにも上昇率が大きかった銘柄を見てみると、ビッグデータ、AI、医療など、時代の流れに乗ったものが名を連ねています。2017年の投資戦略を立てる上でも参考になりそうです。

shira12_graph02

株式数が最も多かった銘柄

とはいえ、「そんなお宝銘柄はレアだから、なかなか手に入れられないんでしょう?」「IPOで儲けられるのはごく一握りの人でしょう?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、そんなことはありません。IPOは、誰でも応募することができますし、一握りの人だけが儲かるというものではありません。今年上場した企業の中で募集・売出し株式数が最も多かったJR九州をみてください。JR九州の募集・売出し株式数は1億6000万株と、LINEの3500万株、コメダの2670万株を大きく引き離した大型上場でしたが、 2割近く上昇しています(数値は国内外、OA除く)。

shira12_graph03

こうしてIPOの勝率や上昇率をみてみると、IPOに対して、投資家の興味が高いこともうなずけますね。誰でも応募できるIPO。そして、「まさか!」とのけぞることが多かった2016年でも勝率が8割だったIPO。「どうせ当たらないから……」と思わずに、2017年はチャレンジしてみるとよいかもしれません。

本記載の内容は過去の一定期間についてコメントしたものであり、将来のIPOの動向を示唆、保証するものではありません。IPOで株式を購入する場合は、購入対価のみお支払いとなります。また、株価の変動等による損失が生じるおそれがありますので、IPOへの応募を検討される際は、契約締結前交付書面や目論見書またはお客様向け資料等をよくお読みください。

関連記事
→IPOってなぁに?
マンガ 中1でもわかる 投資用語! IPO/ インベスターZ

→IPOについて基礎から学びたい方はこちら