家計再生コンサルタントの横山光昭の資産形成のコツは「生きたお金の使い方をする」こと

  • FROGGY LIVE – あなたのお金をカエル授業 – / 横山 光昭

家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー(FP)の横山光昭です。私のことを著書『貯金生活宣言』『3000円投資生活』などでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、メインの仕事としては、マイエフピーという会社をやっていて、家計の個別相談やコンサルティングをやっています。その傍らで、書籍や雑誌、新聞などに執筆しています。私はとにかく現場屋なので、家計を見ている現場から皆さまに「こういう人は貯まる。貯まらない」といった点をフィードバックさせていただきたいです。

では、早速中身に入ります。まず、家計の現場で気になることは、2つ。数字を気にしすぎているのではないかと。つまり、知識ばかりが先行しちゃっているんですよね。これは、老後にいくら必要とか、教育費にどれだけかかるなど、私もFPとして責任を感じますが、安全圏でものを言いすぎている。それで、一般の人は大金が必要と感じてしまう。

あと、将来を見すぎて、今を見ることを忘れているように感じます。例えば、教育費にいくらぐらいかかるか……知ってて悪いことではありません。しかし、知識ばかりになりすぎているのが気になります。大切なのは、自分の場合はどれくらい必要なのかなと考えることなのです。

たとえば老後資金に3000万円必要だと、よく言われます。これは総務省のデータが元になっていて、毎月27万円ぐらいの支出があり、それに対して年金含め21万円もらえますよと。だから6万円足りない。で、6万円足りない状態で、25年間生きると1800万円が足りなくなる。そのほかにリフォーム、介護、病気……など考慮して、1000万円ぐらい上乗せして、老後に足りないのは2800万円、いや3000万円だ! というデータは、作ろうと思えば作れるんですね。

ただ大事なのが、ご自身にとって本当にそんなに必要なのかと。自分の収入と支出。老後の収入というと年金が主になると思いますが。年金がどれくらいもらえるかという点も分かっていないと、結局どれくらい老後資金が必要なのか分かりません。

つまり、今の自分のお金まわりを見据えていく。そこが大事なんじゃないかなと。しかし、どうしても、一般的な数字、データが気になりますよね。でも、それはひとつの参考データとして捉えましょう。大切なのは「自分の場合はこれくらいが必要なんだよ」というところを知っていただきたいです。

今の自分のお金のまわりを見据えられるようになることによって、お金の置き場がハッキリしてきます。「使う、貯める、増やす」としていますが、増やすお金をどういうふうに置いていくのか、きちんと考えていただきたいです。