いま話題のひふみ投信・藤野英人が熱く語る「僕らのライバルは壺やタンス」

  • FROGGY LIVE – あなたのお金をカエル授業 – / 藤野 英人

皆さん、こんばんは。レオス・キャピタルワークスの藤野英人と申します。
今日は「投資とは知的でオシャレな社会貢献」という題でお話をしたいと思います。まずは自己紹介ですが……。

「いきなり、なんだ」と思うでしょうね。実は、これが重要な自己紹介でして。大きな口を開けて喜んでる方がいますね(笑)。これは見ての通り、ブラジャーです。なんで私の自己紹介と関係あるかというと……。

右にいるのが私の母です。左にいる、ちょっとバカっぽいのが私ですね。私の母は30年ぐらい、ワコールという企業に勤めていてブラジャーの販売をしておりました。おそらく日本で最もブラジャーを売った人なんじゃないかなと思います。というのも、この間ワコールさんでこの話をしたら、いろいろな記録を見てもおそらくそうじゃないかと言っていただいた。ですので、ワコールさん認定です。

私が子どものころ、食卓の話題はいつもブラジャーでした。もちろんブラジャーそのものの話ではなく、「今日は何枚売った」ということを母がいつも話すのです。「今日は40枚売った」という日は、もう誇らしげなんですね。「今日は4枚しか売れなかった」っていうと、ものすごく残念そうなわけです。だから日々、食卓での話題の4分の1ぐらいはブラジャーの話でした。

私はね、嫌だったんですよ。そのころは思春期だったので、自分の母親が女性の下着を売っているということが恥ずかしかった。私の友達が、「おまえのママからうちのママが下着を買った」みたいな話をしたりすると、なんか嫌だなあという思いがあったんですね。

今から考えると全然恥ずかしいことでもなくて、母親がワコールというブランド企業で一生懸命働いてたっていうだけなんですけど。もちろん父親も働いていましたが、母の収入が結構あったので、私は大学に行ったり、自由に習い事をしたりできたのです。
だから今日皆さんは、ブラジャーで育ったファンドマネージャーの話を聞くということです(笑)。