マンガ家・かっぴーが老後に必要な資金額にがく然! 「僕は本を何冊売ればいいの」

  • FROGGY LIVE – あなたのお金をカエル授業 – / かっぴー

吉岡 SMBC日興証券の吉岡です。本日はよろしくお願いいたします。

かっぴー FROGGYで「金子金子の家計簿」を描いているかっぴーです。もともと去年までサラリーマンで、広告業界でデザイナーをやっていましたが、たまたま描いた落書きが話題になり、漫画家になりました。

大八木 私はSIXというクリエイティブエージェンシーをやっています。投資やお金のことを考えるのって難しいですよね。私自身そうですが、結婚するまでお金のことを一切考えず、仕事で面白いものをつくれば評価されると、信じて働いてきました。でもちょっと待てよと、すごい機会損失をしていたという気づきがあって、皆さんにもこうした気づきをどんどん持ってもらいたいと思っています。

吉岡 では、今月(2017年3月時点)FROGGYが600名以上の方々を対象に行いましたアンケート結果をご覧ください。

7割近くの方が自分の資産形成プランがない、お金に関することに自信がないという風にお答えいただいてます。

そして2人に1人は周りの人とお金の話をするのに抵抗があると。そして6割近くの方が、お金に関することは自分ひとりでなんとかすると答えています。
かっぴーさん、大八木さん、お金のことって話しづらいものですか。

かっぴー 僕は話す方です。みんなたぶん、お金の話って本当は好きじゃないですか。

大八木 そう、本当は好き。でも、「お金がない」とか「払えなかった」という話は笑い話だからできるけれども、「これで100万円儲かった」という話は皆さん、言わないと思うんですよね。

かっぴー ああ、儲かった話はね。

大八木 儲かった話をすると、はしたないとか、嫌なやつなんじゃないのみたいな感じに思われそうで、抵抗があるのかなと。

かっぴー 確かに。

吉岡 おふたりが話してくれたように、お金のことを話してもらうのは非常に難しいなあと日々実感しています。ちなみに「人生100年時代」という言葉を聞いたことはありますか?
アンケートでは、約3割が「聞いたことがある」とお答えですが、先進国の平均寿命が、19世紀から10年間あたり2~3年ずつ伸び続けています。今は平均寿命が80何歳ですが、「間もなく半分以上が100歳まで生きるのでは」と言う方もいらっしゃいます。

かっぴー すごいですね。

吉岡 では、老後に必要な資金はどうなるのか、見ていきましょう。

ご夫婦おふたり、60歳の旦那さまと55歳の奥さま、老後に必要な資金はどのくらいだと思いますか? 約1億円と、びっくりするような金額になっております。

大八木 あり得ないです。どうしたらいいんだろう。

かっぴー 無理、無理です。

大八木 私は単なるサラリーマンですし。かっぴーさんは、今自営業ですよね。

かっぴー これ僕、何冊本を売ればいいんだろう。

大八木 衝撃的な数字ですね。