第4回 重要なのは支出額よりも「何に使ったか」

家計簿の有用性と、まずは1ヵ月だけ家計簿をつけることをおすすめした前回。今回は、そうして把握した数字をどう活用すればいいのか、具体例を上げながら解説していきます。
第3回「伝統にして至高のツール『家計簿』」を読む

家計の精密検査をしよう

「1ヵ月、1項目」の家計簿をつけることができたら、次のステップへ進みましょう。今度は1項目だけでなく、自分が1ヵ月間に使ったすべてのお金を、だいたいの金額でいいので、記録していくのです。その際、「被服費」「交通費」「医療費」など、下の図のような項目をつくって合計額を書き出してみましょう。

1ヵ月間の家計簿をつけ終わると、自分で何となくイメージしていた数字と現実との差に「毎日の外食でこんなに使っていたのか」「交際費が異様に高い!」などと愕然とすることでしょう。こうして、ブラックボックス化していた家計の中身を把握することができたら、やりくり上手までの道のりはもうすぐです。

ここで大事なポイントとなるのが、第1回でもご紹介した、「消費」「浪費」「投資」の考え方です。簡単におさらいしましょう。

この基準に照らし合わせ、1ヵ月で使ったお金を見直していきます。上の図の支出項目を、あなたなりに「消費」「浪費」「投資」の3つに分けていくわけです。「あなたなり」というのは、同じ項目でも、人によって区分けが異なるからです。たとえば、交際費が「消費」にあたる人もいれば、仕事の人脈を築くための「投資」ととらえる人もいるでしょう。自分の価値観に沿って判断してみてください。

「外食」は浪費? それとも投資?

家計簿を見返し、1つ1つ自分のお金の使い方を振りかえると、同じ項目の中でも「これは消費」「これは浪費」など、別々のカテゴリーに分けられる場合が出てくると思います。

たとえば食費。1ヵ月の食費が3万円だったとしましょう。この食費3万円はすべて「消費」でしょうか? スーパーでの買い物は「消費」にカテゴライズされますが、外食はもしかすると、「浪費」かもしれません。もちろん、外食のなかでも、これから起業しようとか、新たな知り合いを増やしたい、とか将来につながる目的があるなら、「投資」にもなるでしょう。

このように、同じ項目のなかに区分けが複数あってもかまいません。繰り返しますが、区分けの方法は自分の価値観に基づいた判断で結構です。それで十分、お金が貯められる体質作りへとつながっていきます。

さて、自分のお金の使い方を「消費」「投資」「浪費」にカテゴライズしたら、それぞれの使用合計額を計算してみます。たとえばそれが、次のような結果になったとしましょう。

これを支出合計100としたときに、どれくらいの割合を占めているのか計算してみます。計算方法は簡単です。「各項目の金額÷支出合計」です。

割合にしてみると、「ああ、自分は10%弱しか投資できていないんだな」「ムダなお金を12%も使っているんだな」などと気づきますね。
家計簿の目的は、細かなお金の出入りを把握するためではなく、お金の使い方や流れを知ることにあります。つまり、「いくら使ったか」より、「何に使ったか」を知ることが大事なのです。

家計簿は時間の診断書であり、人生の指南書となる

お金を貯める基本は、貯金も含めた「投資」を増やし、「浪費」と「消費」を減らすことです。家計簿をつけてみて、「これは自分にとってムダなお金だ」ということに気付いたら、すぐさま「投資」に変化させましょう。

たとえば、タバコを月に3箱吸う人ならば、量を減らせば、浮いたお金で仕事に役立つ本を1冊買うこともできます。これまで煙になって消えていったお金が、将来の自分の血となり肉となるのです。
お酒の好きな方なら、月に1回でいいので飲み会を断って3000円を浮かし、そのお金でオンライン英会話を始めてみるのもいいかもしれません。数年後には、外国人の飲み友だちができてよりたのしくお酒が飲めるようになることでしょう。

このように、「投資」「消費」「浪費」という3つのモノサシを意識してお金を使い、毎月家計簿をつけていくことが何より重要です。これを一定期間続けていくと、自分がどんなお金の使い方をしていて、今後、どう変化させていきたいかというのが判断できるようになります。

では、どのような変化や成果を目指せばいいのでしょうか。この連載の第2回で、自分への投資として使いたい支出は25%とお伝えしましたが、「消費」「浪費」について、私は次の数字を提案しています。

浪費はゼロが理想なのかもしれません。ですが、時にはムダも許容することが、日々の暮らしにゆとりをもたらし、無理なく貯金生活を続けるためのコツと言えます。
この割合やルールは、私が現場で、お金との付き合い方が上手だなあと感じる人の実践値をもとにしています。つまり、実証済みの数字です。

継続することで、大きな成果につながっていく

自分の今の現状を見て、「理想の数字からだいぶかけ離れている」と落ち込んだ方もいるかもしれませんね。でも、大丈夫。まずは自分にできる範囲で、「消費」と「浪費」を減らし、「投資」にまわすことを続ければ、確実に大きな違いが生まれてきます。

たとえば、これまで浪費の割合が全体の23%を占めていた人が、10%下げて13%になったとしましょう。その10%はその人の収入によっても額は違いますが、手取り収入25万円の人であれば2万5000円となります。これが3ヵ月、半年、1年で換算すると7万5000円〜30万円もの違いになります。10%までいかなくても5%の変化でも1年経つと、15万円です。継続することにより、大きな成果へと育っていくのです。

こういった小さな努力を甘く見る人は、この差のすごさに本当の意味で気づいていません。理屈ではわかっているつもりですが、体験がないため、実感がわきません。でも、やれば変われる、変えられるということを、実際にがんばっている人はわかっています。だから続けられるのです。また努力を「続ける」ことは、ちょうどいい負荷となって、本人の精神的な成長がスピードアップします。

ほどよい負荷をかけると、貯金力はどんどん伸びます。なんだか筋トレと似ていますね。そう思うと、ちょっとワクワクしてきませんか?

ぜひ今日から、始めてみてください。

次回は、人生で一番高い買い物「保険」「家」「車」はどうするべきかについてお話しようと思います。

<今回のまとめ>
●1ヵ月の支出を、「消費」「浪費」「投資」の3つに分ける
●お金を貯める基本は、貯金も含めた「投資」を増やし、「浪費」と「消費」を減らすこと
●支出合計を100%としたときの理想の割合は、「消費70%・浪費5%・投資25%」