第2回 その日の終わりに「復習」の時間を持つ

前回、夢をかなえるためには自分をよく知ること、すなわち自分に取材することが大切だということを書きました。今回は、自分への取材の基本となる「日記」をつけることの大切さをお伝えしていきます。
第1回「自分への取材が人生を変える」を読む

繰り返しの反復復習をしている人は強い

日記をつけるということは、その日の自分の行動や考えたこと、感じたことを振り返るということです。学校では授業中にノートをとるし、会社では会議の議事録をとりますよね。そしてそれらを見返すことで、学んだことや考えたことへの理解は深まっていきます。日記も同じことです。この「書いて見直す」習慣をふだんの暮らしの中では疎かにしている人のほうが多いのではないでしょうか。人生は勉強ですし、一つの壮大なプロジェクトです。深い学びを得たり、いいプロジェクトにしたければ、当然のことながらいい勉強やいいプロジェクトを行うために必要なことと同じことをしなければいけません。

学生時代、勉強で一番大切なのは復習でした。勉強が得意な人は、必ず復習をしているし、予習よりも復習に時間をかけますよね。そして、記憶を定着させ理解を深めるには繰り返し繰り返し復習することが必要不可欠です。脳にはつねに新しい情報が入ってくるので、一度理解し、学んだことも翌日にはあっさり抜けていきます。だからこそ、繰り返しの反復復習をしている人は強いのです。この方法を人生に応用するなら、やるべきことは「1日の終わりにその日の復習の時間を持つ」ということではないでしょうか。

私は幸か不幸か、2歳のときから「将来は本を書く人になりたい」と言っていました。2歳のころの記憶はさすがになく、親からそう聞いているだけですが、9歳のときには明確に「作家になりたい」という意識がありました。そして、なれるかどうかはわからないけれど、もし夢が実現したときに困らないように、自分の生活を将来の自分のためにたくさん書き残しておかなくちゃ、と思っていたのです。そのころから日記をつけることが私の人生に欠かせない習慣になりました。

数十分話した人の顔と名前さえも翌日には忘れてしまう、悲しいくらいの記憶力のなさには当時から自覚があったので、小学生のころの話をいつか未来の自分が書きたいと思ったときに、手がかりを残しておかなくてはと思っていたのですね。料理の仕方は将来の自分が考えてくれると信じて、素材だけはたくさん残しておこうと、当時の日記には箇条書きのようにその日あったことや考えたことが綴られています。

今読み返すと意味のわからないことも多いのですが、当時悩んでいたことや気になる男の子の名前など、今の私の記憶からはすっぽりと抜け落ちていることばかりで、おもしろく読めます。

また、当時の私にとっては生きるか死ぬかの悩みのように思っていたことも、今の私はほとんど覚えていないことから、悩みというのはある程度時間が解決してくれるものだという学びも得られました。9歳の私が「いつか結婚したい」と書いている男の子の名前は日記を読むまで忘れていたし、今その人がどこで何をしているかは、今の私の人生にとってはさほど重要ではありません。

こんな風に過去の自分を見つめることが、今の自分の人生の充実や成長に気づかせてくれることもあります。日記というのは書いて終わりという人も多いと思うけれど、本当に大事なのは、「見返す」という作業ではないでしょうか。もちろん、日記を書くということはそれ自体が自分を見つめ返す時間になり、自分の人生を高めてくれると思うのですが、書くだけで終わらせずに読み返すと、2倍、3倍の効果があると思います。

いい日記は読み返すたびに新しい発見があるはずです。最近、昭和の人の暮らしぶりを撮った写真がツイッターで話題になっているのを見かけました。イベントごとなど何もない、ただの生活風景です。でもそういったものほど、記録が残っていなくて貴重なのだと思います。同じように、今の私たちが「こんなものは未来に残すほどでもないな」と思っているささいなことほど、時がたてばどんどんかけがえのない瞬間になっていくのだと思います。そしてそういったことを見返すたびに、日記という形で記録をつけていた自分に感謝することになるし、自分の成長を実感できると思うのです。

日記に何を書いたらいい?

では、日記には何を書けばいいのかというと、基本的にはなんでもいいと思います。私の場合は、ブログやその他SNSなど、ネット上にもアウトプットする場所が複数ありますが、紙の日記は紙の日記で自分のためだけにずっと続けています。今は自分でプロデュースしている「週末野心手帳(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」にその日あったこと(予定)や会った人、会った人と話したこと、買ったもの、得た知識などを箇条書きにしていることが多いです。

そちらは、1日の終わりに書くために家に置いていますが、その他にスマートフォンと同じくらいのサイズのノートを持ち歩き用としてつねにバッグの中に入れています。出先で気づいたことはそちらのノートか、スマホのメモ帳のどちらかに必ず書き留めて、未来の自分に申し送りをします。打ち合わせ中のちょっとした気づきや感想などはノートに書き、知識系やブログに書きたいことはスマホで書いて自分にメールしておくことが多いです。とにかく、なんでもメモします。

1日の終わりにつけるほうのノートは、その日の自分にとってのハイライトになった出来事や美味しかったご飯のことなど、もう少し日記と呼べるものに近いです。ちゃんとした文章にまとめないことも多く、自分の膨大な記憶の中から引っ張り出せるように、ヒントになるキーワードだけを書き残していることもあります。

たとえば、
●会った人の名前
●レストランで印象に残ったメニューや知らなかった食材の名前
●参加したイベント
●ネットで見つけた気になるものの名前
●わからなかった単語
など。

自分の脳みそから引っ張り出すための検索ワードのメモともいえるかもしれません。その日新たに知った語彙などは、わざわざ意味を一緒に書いていなくても検索ワードさえわかれば、あとから調べることもできるのです。

恋人や家族とのちょっとしたやりとりを忘れないように日記に書いておくこともあります。ふだん一緒にいる時間が当たり前になっている人の言動ほど、記憶からこぼれてしまうように思うのです。だから、家族の言った何気ない一言や恋人がかけてくれた誉め言葉なども、自分だけの場所に書き残しておきます。

たった一晩の違いで

毎日日記をつけるのは大変だと思う人もいるかもしれませんが、日記をつける時間は1日にたった5分から10分程度です。夜遅くに帰ってきたときは翌朝に書くこともあるけれど、そうすると、たった一晩たっただけなのに、意外と思い出せないことがあったりして、記憶のはかなさに愕然とします。この記憶力の薄さを自覚するには、たとえば、自分が昨日口にしたものをすべて書き出してみるといいと思います。夕食はかろうじて覚えていても、「朝と昼、何食べたっけ……?」と、ちょっと考えないと出てこない人も多いと思いますし、それが、3日前、1週間前、1ヵ月前ならどうでしょうか。おそらく思い出せる人のほうが少ないと思います。

話がおもしろい人は、必ず話の中につねに具体的な描写があります。たとえばプロポーズのエピソードを伝えるときに、恋人が言った言葉だけでなく、そのときにどんなレストランでどんなメニューを食べたのかということや、ウェイターがこんな風に気を利かせてくれたとか、隣の人のお喋りがうるさくてなかなかムードが高められなかったとか、肉付けするような記憶があればぐっと臨場感が増し、話に深みが出るのです。でも、それらは記憶が鮮明なうちに覚える努力をしておかないと忘れてしまうものでもあります。だからこそ、メモや日記で残しておくことが大事なのです。

日記をつける時間と、ときにそれらを読み返す時間。その2つを今日から自分のスケジュールに組みこんでみてください。それらが自分の人生にもたらしてくれる効果は絶大だと思います。私はもともと書くことが好きですし、貯めたネタを文章にすることが仕事なので、変態のようにあらゆることを書き残しまくっていますが、日記とメモのどちらかだけでもいいと思いますし、デジタルで残すか紙で残すかは、個人の好み次第だと思います。

ただ、紙で残したほうが、あとから読み返したときに思いがけない情報との鉢合わせが多く、役立つことが私の場合は多いです。日記という名の「自分への取材ノート」を習慣化することによって、生きているだけでネタが貯まっていく体質に自分が変わっていくことを実感できると思います。

次回は、自分への取材結果をもとに、自分の人生をどんどん充実させていく方法をお伝えします。

<今回のまとめ>
●日記は書いて終わりという人も多いけれど、本当に大事なのは、「見返す」という作業
●一晩たつと記憶が薄れてしまうので、日記はなるべくその日のうちに書く
●日記を習慣化することで、生きているだけでネタが貯まっていく体質に変わっていく