退職金2000万円を8年で40億円に!〜今亀庵さんインタビュー【前編】

  • リアル投資家列伝・勝負どころを見抜く投資との付き合い方 / 今亀庵

今亀庵さんは今、もっとも大きな夢を見せてくれる個人投資家かもしれません。退職金の3分の2を投資に回し、リタイア後に築いた資産は40億円……! しかし、その決断は一歩間違えれば「家族がバラバラ」になる危ういものでもありました。今亀庵さんがなぜ、一歩を踏み出せたのか。踏み込んで聞いたところ、出てきたのはメンコとビー玉です。

「おれの一生、年金で終わってしまうのかな……」

「60歳で会社を定年となり3000万円の退職金が出ました。その時に思ったんです、『おれの一生はこの3000万円と年金で終わっちゃうのかな……』と。それは嫌でしたし、折しもリーマン・ショックの直後でしたから、上手いことやれれば稼げるんじゃないか、と。生活費として1000万円を残し、2000万円を投資につぎ込みました」

そう振り返るのは、会社を定年退職、退職金の運用で大成功を収めている今亀庵さんだ。リタイア後の生活費を考えれば、退職金の3分の2を一気に投資へ回すのはリスク過大のようにも感じる。よほどの貯金でもあれば話は別だが。

「大胆な決断だろうと思います。当時、退職金以外の資金は数百万円程度。うちの家内は使うのが好きなので、ほとんど残っていませんでした(笑)。もし失敗すれば、家族がバラバラになってしまうかもしれない。それくらいの覚悟での決断でした。家内への相談? していません。相談すれば止めろと言われるでしょうから」

リーマン・ショックで暴落していた不動産投信

今亀庵さんが資金を投下したのはJ-REIT(ジェイリート、不動産投資信託)だった。

「会社四季報を買って、どの株を買おうかとページをめくっていきました。約3500社の銘柄をひと通り見終わって、巻末を眺めているとリートが紹介されていた。びっくりしました、利回りが30%、40%を超えていたんですから。普通ならば高くても5%か6%程度です。一体、J-REITに何が起きているんだろう、と」

今亀庵さんが定年退職したのは2008年。リーマン・ブラザーズが経営破綻し、「100年に一度の危機」と評されたリーマン・ショックが発生した直後だった。

「ショックの余波は日本にも及び、民事再生法の適用を申請するJ-REIT銘柄が発生しました。J-REIT銘柄で初の経営破たんです。それが嫌気され、J-REIT市場全体が売られてしまっていたんです。ただ、破たんした理由は資金繰りの悪化です。リート自体はミドルリスク・ミドルリターンの金融商品。定期的に賃料収入も入ってくるし、ビジネスモデル自体はそこまで大きなリスクがあるわけではない。2000万円を投じて年40%、つまり800万円の分配金がもらえるなら生活できるだろう、と」

暴落でバーゲンセール状態だったJ-REITに目をつけた今亀庵さん。しかし、「落ちるナイフをつかむな」との相場格言もある。暴落はナイフのようなものだから、安易につかむと二段下げ、三段下げとなり自らを傷つけることもある。

「しかし、J-REIT市場はリバウンドしてくれ、1年経つと7倍ほどになりました。2000万円が1億5000万円くらいになったんですよね。これで一息つけたな、と」

ここまでを読めば今亀案さんが行なったのはただのギャンブル、あるいは素人のラッキーパンチが当たっただけだと感じるかもしれない。でも、リーマン・ショックに至るまでの約50年間の話を聞けば、その印象は180度変わるはずだ。

ビー玉やメンコが強すぎて遊び相手がいなくなる

「子どものころに熱中していたのは、ビー玉やメンコでした。私の住む地域では、何十枚もまとめて箱の上に載せ、うまく2枚を重ねれば総取りできるルールでした。ローカルなルールだと思います。ビー玉も同じで、地面に書いた四角の中にビー玉を置き、勝者が総取りできるルールだったんです」

今亀庵さんが育った鹿児島でのローカルルールだそう。

「どうしたらたくさん集められるか、ノウハウがあるんですね。それを研究するうちに近所中のビー玉とメンコを集めてしまった。とうとう一緒に遊ぶ相手がいなくなり、卒業しました。最後は持っているビー玉とメンコを全部、公園にバラまいてね(笑)」

ゲーム好きで、しかも研究熱心な子どもだった今亀庵さん。その才能は麻雀やブラックジャック、そして株式投資へと向かっていく。

アメリカで出合った株式投資

「両親の仕事の都合もあり、16歳でアメリカへ渡り、高校、大学は向こうで過ごしました。ラスベガスでブラックジャックに興じたり、競馬をしたり、仲間と麻雀を打った時期もありました。ただ、仲間内で奪い合いをするのは嫌でしたし、他に何かないだろうかと思っていたとき、目についたのが新聞の株価欄だったんです」

新聞の中面に上場企業の株価が載っているのは日本の新聞もアメリカの新聞も同じ。

「株価欄を見ながら『昨日はこの株を買っておけば儲かったのか』と思うと興味が湧いてきて、大学図書館で投資関連の本を読み漁りました。100冊近く読んだのではないでしょうか。もう50年前の話ですが」

50年にわたる株との長い付き合いの始まりはアメリカ株だった。

「アルバイトで貯めたお金が元手です。大して儲かったわけではありません。就職し、日本に帰ると日本株へ投資しましたが、稼ぎといってもお小遣い程度。乏しい給料はすべて家内に渡して、小遣いはゼロ。株で稼がないと飲みにもいけませんでしたから、そういう意味では必死でしたけれど(笑)」

勝ったり負けたりを繰り返し、利益が残っても飲み代に消えていく――それでも株式市場と対峙し続けたことが、勝負どころの見極めにつながった。

2つの幸運が重なった「人生最後のチャンス」

「リーマン・ショック直後のJ-REIT市場は明らかに異常でした。一生に一度あるかどうかの異常値です。その時、たまたま私の手元にまとまった現金があった。異常値と資金、2つの条件がたまたまそろったという意味ではラッキーでした」

今亀庵さんがまったくの初心者だったら、異常値を異常値と見抜けなかった。異常値と見抜いても退職金がなければ、お小遣い程度の稼ぎで終わっていた。

「もし私がまったくの初心者だったら決断できなかったでしょう。大学生時代からの50年近い積み重ねがあったからできた決断です。『こんなチャンスはもうない、人生最後のチャンスだ』という気持ちでしたから」