ひふみ投信・藤野英人が明かす「優良銘柄は家電量販店から探せ」

  • FROGGY LIVE #2 – あなたのお金をカエル授業 – / 藤野 英人

皆さん、こんにちは。レオス・キャピタルワークスの藤野でございます。「明日から使える、会社を見極める3つのポイント」という題でお話をしたいと思います。投資の楽しさとか、すばらしさということを伝えることが多いんですが、意外とこういうテーマでお話をすることは少ないんです。今回、45分と短い時間ですが、コンパクトに投資の魅力だけでなく、具体的な方法についてもお話をしたいと思っております。

まず、私たちの仕事からご紹介させてください。私はレオス・キャピタルワークスという会社の代表でして、「ひふみ投信」「ひふみプラス」というファンドのファンドマネージャーをしております。1966年富山県に生まれて、その後国内外の会社を経て、2003年にレオス・キャピタルワークスという会社を私自身が立ち上げています。

私の職業である「ファンドマネージャー」ですが、皆さん、ファンドマネージャーと会う機会ってそんなにないと思うんですね。皆さんにとってそれほど身近ではないと思うんですが、実は皆さん全員、100%ファンドマネージャーのお世話になっています。

それは何でかというと、皆さんがこれからもらう年金のお金というのは、100%誰かが運用しているんですね。その運用している責任者のことをファンドマネージャーと言います。皆さんの年金のお金が引き落とされたその後、銀行や証券会社、もしくは国の倉庫あるいは金庫に貯まっているわけではないんですね。そのお金が集められて、株式や債券で運用されています。その責任者がファンドマネージャーです。

あとは、銀行や証券会社に皆さんが預けているお金も、また誰かに運用されていますけれども、その運用している人もファンドマネージャー。また、投資信託の運用者もファンドマネージャーというふうに言います。

私はファンドマネージャーになって28年になります。経営理念は「資本市場を通じて社会に貢献する」という考え方を持っています。社名の「レオス」についてどういう意味か聞かれますが、ギリシャ語で「流れ」という意味です。今、会社全体でいうと、2017年10月末で5512億円の運用残高になっていますが、昨日の段階だと6100億円というような金額になっています。

私たちは3つの特色がありまして、「成長企業に投資をする」。それから、「守りながら増やす運用に挑戦する」。あと、「顔が見える運用」というところで、私自身や、運用している残り5名のファンドマネージャー、アナリストがこうやって顔を出して、自分たちの考え方を伝えています。