第2回 ZOZOTOWNの決算スライドを読み解く

今回からはスタートトゥデイの決算スライドを例に、僕がどんな読み方をするのか、説明していきましょう。使用するスライドは、2018年3月期第2四半期(Q2)の決算説明会資料です。期が変わっても基本的な記載項目が変わることは少ないですし、記載の順序などが変わっても見るべきポイントはほとんど変わりません。ほかの会社について見る場合でも応用できると思います。
第1回「『決算スライド』にはビジネスのすべてが入っている」を読む

1ページ目の「ハイライト」は読み飛ばそう

どんな会社でも、決算スライドの構成はおおよそ決まっています。表紙があり、その次はたいてい「ハイライト」です。スタートトゥデイのスライドでも、表紙の次にハイライトがあります。

画像をタップすると、新規ウィンドウで開きます

しかし、僕はこのページは飛ばして見ることが多いです。というのは、ここに書いてあるのは、「わたしたちのために重要な数値」ではなく、「会社が重要だと思わせたい数字」が書かれていることも多いからです。

「売上は伸びているが利益は悪化した会社なら、売上推移だけを書いて利益は載せない」、あるいは「前回の記載は契約『数』だったのに今回は契約『額』であるといったように記載する項目を少しずらすことで印象操作も可能です。こうした恣意的な印象操作を避けて、フラットな目で見るために、意識して見ないようにしているのです。

ハイライトの次に来るのが、業績のサマリー(概要)です。「業績」というのは、まさに会社の事業の現実の数字ですから、こういうページを主体に見ていきます。

さて、スタートトゥデイの決算スライドでは3、4ページがサマリーに当たります。

ここでは、期別の数字が出ている4ページを読んでいきましょう。

いかがでしょうか? いきなりこういう数字を見ても、ピンとこない人が多いと思います。何を見たらいいのかは、業種によってちがうのですが、本連載では業種別に見方を解説していくのでご安心ください。

スタートトゥデイの場合で言うと、この会社はeコマースの会社ですから、見るべき数字は以下の3つになります。

(1)取扱高
(2)売上
(3)テイクレート

ようするに、どれくらいの大きさの事業で、どれくらい儲かるのかということを考えるためにこの3つが必要なのです。順番に説明していきます。

取扱高35%増は驚異的な数字

まずは「取扱高」から見ていきます。同社の運営するアパレルのECサイト「ZOZOTOWN」には、さまざまなブランドが商品を出品しています。取扱高というのは、出品しているブランドがZOZOTOWNで売り上げた総量です。

その取扱高は、約600億円。前年同期比で35.9%も増えているそうです。これはすごい数字です。

「取扱高35%増!」と言われてもピンと来ない人は、自分の家計を想像してみてください。たとえば、あなたの収入が1年前よりも35%増加したら、非常に大きなインパクトがありませんか? 2階級くらい飛ばして昇進しないと実現しないレベルですよね。

しかもスタートトゥデイの場合は時価総額1兆円を超える会社ですから、会社員でいえば平社員ではなく役員クラスです。そう考えると35%増加のインパクトはさらに大きなものがあります。

「では、他のeコマースの会社はどうなっているんだ?」と思うかもしれません。正確な数字ではないですが僕の「感覚値」としてAmazon、それに楽天のeコマース部門だとおよそ20%の成長率です。Amazonほどの規模で独占に近いポジションを占めているにもかかわらず20%成長するのも異常ですが、スタートトゥデイの取扱高の成長率はそれを上回る数字となっています。

さらに言えば、インターネット業界以外の会社であれば20%も売上を伸ばすのは困難です。たとえばトヨタ自動車が売上を20%伸ばせるかといえば、どう考えても難しいでしょう。

ちなみに28年ぶりに豊田家出身ではなく社長の椅子に座った奥田碩さんは、そんなトヨタ自動車で売上を伸ばしたから評価を高めたわけです。さらに余談になりますが、そんな奥田さんをモデルにしたと推測される小説が『トヨトミの野望』です。いかに奥田さんが――モデルだとすればですが――天才だったかが描かれています。

取扱高の次は、売上を確認します。スタートトゥデイの場合は、212億4200万円です。

テイクレートの算出方法

次に、テイクレートを見てみましょう。テイクレートとは「ZOZOTOWNで売れた金額のうち、どれだけスタートトゥデイに入るのか」を示す数字です。わかりやすくするために、次の式をご覧ください。

売上=取扱高×テイクレート

上記の式を入れ替えると、次のようになります。

テイクレート=売上÷取扱高

スライドのどのページにもテイクレートの値は載っていませんが、売上を取扱高で割り算するだけなので、サマリーに載っている数字から自分で簡単に計算できることになります。

サマリーの数字を抜き出して電卓を叩いてみるとスタートトゥデイのテイクレートは、

212億4200万円(売上)÷600億8200万円(取扱高)=35%

となります。ZOZOTOWNで、とあるA社の1万円のコートが売れると、そのうちの3500円がスタートトゥデイに支払われ、スタートトゥデイの売上に計上されるということです。

これも「35%」と聞いても「高いか・低いか」の肌感覚がないとわかりづらいと思います。日本のeコマースビジネスにおけるテイクレートの平均的な水準はおよそ7.0〜8.5%くらいですから、35%はめちゃくちゃ高い数字です。スタートトゥデイと同業他社の楽天のテイクレートは11.7%、ヤフーショッピングのテイクレートは4%ほどです。

スタートトゥデイのテイクレートが高い理由

なぜスタートトゥデイが異常に高いテイクレートを実現できているのでしょうか?

主に2つの理由が考えられます。

1つは、テイクレートが高くてもZOZOTOWNへ出店したがるブランドが多いこと。出店する側からすれば自分の取り分が多いほうがいいわけですから、テイクレートが低いほうがいいのです。しかしZOZOTOWNは、アパレル系のeコマースで強い集客力を持っている、つまり、よく売れる」というわけです。テイクレートが通常よりも高くても、ZOZOTOWNに商品を託すだけのメリットが出店企業側にあることになります。

もう1つは、スタートトゥデイのビジネスモデルが同業他社とは異なるためです。

楽天やヤフーショッピングとZOZOTOWNの大きなちがいは、倉庫の有無です。楽天やヤフーショッピングには倉庫がありませんが、ZOZOTOWNにはあります。シャツやコートなどの商品を出店する会社から預かって、倉庫に保管し、注文があれば発送する――。流通部分も代行しているわけです。その代行手数料がテイクレートに含まれていることもあって、テイクレートが高くなっているのだと思います。

また、とりわけヤフーのテイクレートが4%と低いのは、ヤフーの売上が広告掲載料を主体とするビジネスモデルだからです。

一般的にヤフーや楽天のようなマーケットプレイス型のビジネスの場合、売上げは、

・出店料
・売上手数料
・広告掲載料

の3つで構成されます。ヤフーはテイクレート(売上手数料)を低くして、広告掲載料で利益を得ているわけです。

ちなみに、Amazonのテイクレートは公表されていないのですが、第三者が出品する際のテイクレートは、およそ15%と推測されています。圧倒的な集客力があるため、高い水準となっており、しかも倉庫への保管代などは15%に含まれていません。それも合わせるとスタートトゥデイの35%に近づくはずです。

こうしたテイクレートの肌感覚を知った上で、改めてスタートトゥデイのテイクレートを考えると、35%というのが異常な数字であることが理解できると思います。

テイクレートの話が長くなりましたが、eコマースでは非常に大切な数字です。テイクレートを他社と比べることで、その会社が業界でどんなポジションにいるのかを把握できるので、必ず確認してください。

販管費の伸びが異常に跳ねていたら要チェック

これまでの話は、おもに収入面の話でした。次はコストを見ていきます。注意すべきは「販管費」という項目です。

販管費というのは、広告費や人件費、管理費など、会社を運営するために必要なお金のことです。家計でいう生活費と考えるとわかりやすいかもしれません。eコマースにかぎらず、この項目はどの事業でも共通しているので必ずチェックしましょう。

販管費を確認するポイントは、前の期と比較して「売上や取扱高の伸びに対して、販管費の伸びが異常に跳ねていないか」です。逆に言うと、販管費が伸びていても、取扱高や売上の伸び同程度に順調ならばOKなのです。

スタートトゥデイでは、商品取扱高の増加率は前年同期比35.9%ですが、販管費は同48.3%と取扱高の伸びを大きく上回っています。こういうときは注意が必要です。「もしかしたら取扱高を増やすために広告をたくさん打ったのだろうか」と仮説も立てられますが、ひとまず置いておいて、内訳はあとでチェックすることにしましょう。

さて、ここまでは四半期の業績に絞って見てきました。次回は、過去との比較で見えてくるものついて解説していきます。

<今回のまとめ>
●eコマースの会社は、取扱高、売上、テイクレートの3つの数字を見る。テイクレートは、「売上÷取扱高」で算出できる
●日本のeコマースビジネスにおけるテイクレートの平均的な水準はおよそ7.0〜8.5%。
●売上や取扱高の伸びに対して、販管費の伸びが異常に跳ねていたら要チェック

決算書のメインとなる「財務3表」について

どんな企業の決算書にも必ずといっていいほど掲載されている表があります。それは、

●損益計算書(P/L)
●バランスシート(B/S、貸借対照表)
●キャッシュフロー計算書(C/F)

の3つ。これらは「財務3表」と呼ばれます。

1つめの損益計算書は一定期間における企業の経営成績が記されたものです。つまり、これだけ売れて、これだけ経費がかかったよ、というのがひとめでわかるシートです。スタートトゥデイでいうと、この回でみてきた4ページのスライドです。
2つめのバランスシートは、ある時点におけるすべての資産、負債、純資産が記載されたシートです。全財産がどれくらいあるのか、返さないといけないお金はいくらかなど、その企業の財政状況がひとめでわかります。
最後のキャッシュフロー計算書は、企業の現金や現金同等物(=キャッシュ)がどのように増減したかが示されたシートです。お金の流れやどれくらいの現金を持っているかがわかります。

この3つの計算書は密接に関係しています。バランスシートとキャッシュフロー計算書については、この連載の第4回で詳しく見ていきましょう。

本記事は決算書類の読み方を解説するものであり、素材として取り上げた企業への投資を推奨するものではありません。